会社案内

経営方針

洋白 りん青銅の全てにトップメーカーであることを目指し、共創力のある企業として輝きのある存在を示す。
誠心誠意仕事に取り組み、顧客満足度の向上とスピードのある対応を行動指針とする。

経営理念

常に時代の先端が求める製品を創造し、顧客の信頼を勝ち得る企業でありつづける。
高い価値観を共有し、熱意を持って実行できる社員を育成し、地球社会に貢献するとともに自己の幸福と会社の発展を実現する。

会社概要

創 業 1898年(明治31年)5月15日
会社創立 1935年(昭和10年)1月11日
資本金 1億円
代表者 代表取締役社長 清峰 茂樹
工場敷地,建物 敷地 69,351.47 平方メ-トル
建物 17,557.15 平方メ-トル
従業員 90名
2017年4月現在
業務内容 洋白、りん青銅、特殊銅合金(板、条、線、棒、鋳物)製造・販売
沿 革
1898年 初代社長清峰和太郎が東京都池尻に清峰伸銅所を創業、洋白板の製造開始
(これは我が国における洋白の製造のはじまりです。)
1935年 株式会社清峰伸銅所に組織を改む
1937年 東京都江戸川区に移転。洋白条、洋白線・棒製造開始
1943年 社名を清峰金属工業株式会社と改称
1954年 福島県・会津坂下町に清峰伸銅株式会社を設立
1961年 初代社長清峰和太郎物故により清峰隆取締役社長となる
りん青銅板・条・線・棒製造開始
1962年 つくば工場操業開始
1970年 JIS表示認可工場となる
1972年 生産拠点をつくば工場へ全面移管。本社を東京都台東区に移転
1987年 清峰哲彌取締役社長となる
株式会社清和商会と合併
1998年 本社機構をつくば工場へ移転し、東京事務所とする
1999年 清峰茂樹代表取締役社長となる
2001年 ISO9001登録
2003年 洋白用1トン高周波誘導電気溶解炉稼動
2010年 コネクター用銅基合金板の製造方法の特許取得
2012年 銅および銅合金の連続鋳造方法の特許取得
2013年 錫リフロー、Niめっきライン導入
2015年 プレス加工用銅板の製造方法の特許取得
所在地
本社・工場 茨城県つくば市上広岡633番地 →MAP
TEL 029-821-2510
FAX 029-823-3664
東京事務所 東京都台東区蔵前2丁目13番5号スワロ-タワ-7階 →MAP
TEL 03-5821-5511
FAX 03-5821-5522