会社案内

りん青銅 線棒製品

Phosphor bronze wires and rods,bars JIS H 3270

 りん青銅はCu-Sn-P系の合金でSnの含有量により種々の特性が生まれます。
強靭な上に耐食性、耐磨耗性、はんだ付け性に優れ広範囲の用途に適しております。
また、Pbを添加し切削性を向上させた快削りん青銅(C5341、C5441)の製造も行なっております。
尚、弊社の製品は全て(Pb添加の快削材含め)RoHs規制に対応する様に管理しております。
(平成25年度よりC5071Wの製造も開始致しました)

■ 化学成分 wt%



  C5111 C5102 C5191 C5212 C5071 C5341 C5441
Sn 3.5~4.5 4.5~5.5 5.5~7.0 7.0~9.0 1.7~2.3 3.5~5.8 3.0~4.5
 P  0.03~0.35 0.03~0.35 0.03~0.35 0.03~0.35 0.15以下 0.03~0.35 0.01~0.50
Pb 0.02以下 0.02以下 0.02以下 0.02以下 0.02以下 0.8~1.5 3.5~4.0
Fe 0.10以下 0.10以下 0.10以下 0.10以下 0.10以下
Zn 0.20以下 0.20以下 0.20以下 0.20以下 0.20以下 1.5~4.5
その他 Ni:0.10~0.40
主成分合計 99.5%以上 99.5%以上 99.5%以上 99.5%以上 99.5%以上※1 99.5%以上 ※2 99.5%以上 ※3

※1 Cu+Sn+P+Ni

※2 Cu+Sn+P+Pb

※3 Cu+Sn+P+Pb+Zn

■ 物理的特性



  C5111 C5102 C5191 C5212 C5071 C5341 C5441
密度 (20℃)g/、3 8.86 8.86 8.83 8.80 8.88 8.86 8.89
比熱 (20℃)J/(kg・K) 377 377 377 377 375 377 377
熱伝導率 (20℃)W/(m・k) 84 71 67 63 155 88 88
熱膨張係数 (20~300℃)×10-6 /K 17.8 17.8 18.0 18.2 17.0 17.8 17.3
縦弾性係数 (kN/・) 110 110 105 110 125 108 103
横弾性係数 (kN/・) 41 41 40 41 43 38
ポアソン比 0.33 0.33 0.33 0.33 0.33 0.35
導電率 (%IACS) 20 15 13 12 16 19
体積抵抗率 (10-3μΩ・m) 87 115 133 144 87 90.7
切削係数 %(快削黄銅を100とした場合) 20 20 20 20 20 60 80

■ 線の機械的特性



  C5111W C5102W C5191W C5212W C5071W
引張試験 (N/mm2) 0 295-410 305-420 315-460 345-490 275以上
1/2H - - 635-785 685-835 490-610
H 490以上 635以上 835以上 930以上 685-805

※1 線径0.4~5.0mmの場合

■ 棒の機械的特性



  C5111B C5102B C5191B C5212B C5341B C5441B
引張試験(N/mm2) 1/2H - - 510以上 540以上 - -
H 490以上 540以上 635以上 735以上 440以上 440以上

■ 主な用途

コネクタ、コイルばね、ヘッダー材、スプリングワッシャ、自動車部品、時計部品、歯車、カム、ボルト、ナット、軸、軸受け等。


■製造範囲

 ・線関係

   径:0.1~9mm

  形状:丸、角、平角、六角、その他異型

  梱包形態:輪取り、ボビン、キャリア



  ・棒関係

   径:0.9~45mm

  形状:丸、角、平角、六角、その他異型

   その他:センタレス、ローレット加工請け賜ります

  ※ 仕様の詳細は別途お問合せください。